仙台市の青葉区にいい中古マンションを見つけましたが迷っています。

宮城県仙台市の青葉区は住環境の良さで人気の高いエリアです。

お二人の生活設計などから問題がなければ中古マンションでも十分です。

その辺を含めお話ししてみましょう。

■今後の生活設計をもう一度確認。

現在のご夫婦お二人の年齢と、先々でお子様をもうけるつもりはあるかにもかかってきます。

もしもお子様の予定はないというのであれば、新築とか中古マンションとかにこだわる必要はありません。

立地環境もお二人の好きなところを選べるわけですから、考えようによっては選択肢が広いと言えます。

■中古マンションのいいところとは。

中古マンションでも青葉区というエリアは住宅地として人気が高いため、それなりの売値がついています。

人によってはどうしても中古マンションに対してマイナスのイメージを持っていたりするのですが、実は新築を購入するよりお得だという事も色々あります。

「駅に近い物件が多い」、「間取りがゆったりしている」、「専有面積が広い」、「立地条件がいい割に価格が安い」、「モデルルームを見て買うのではないので、実際の生活状況をありのまま確認できる」などです。

■人気の青葉区にあって掘り出し物といっても築30年に近い中古マンション物件はおすすめできません。

築30年前後になる中古マンションは、給排水設備や電気設備・配線が老朽化し、壁などにひび割れが入っています。

見た目はきれいでも、耐震性・衛生面・資産性の面で危惧があります。

問題ないと確認できれば購入して良いかも知れません。

本来は築後10年~15年を目安に、耐震設計の度合いをみて購入を決めるべきです。