子どもの将来のため仙台市青葉区で中古マンションを探しています。

宮城県仙台市の青葉区であってもなくても、“子どものため”ということであれば住環境の重視です。

中古マンション選びのポイントを含めお話ししてみましょう。

■青葉区に関係なく一般論としてのポイント。

中古マンションを選ぶ際のポイントは3つあります。

これは仙台とか青葉区とかは関係なく、前提として言えることです。

1つめは「管理」です。

自治会の運営や管理会社の有無、実働状況を確認してください。

管理が行き届いてなければ、いくらいい掘り出し物を見つけても価値はありません。

2つめは地域周辺、住まい内外の環境はどうかです。

建物の質、築年数、隣人、徒歩圏内に公園や緑地、買い物施設が整っているかなどです。

■リフォームより、リノベーション物件を選ぶ。

3つめのポイントは、リフォーム物件ではなく、リノベーション物件にすべきということです。

リノベーションは占有部分の給排水管や電気設備・配線までの改装が含まれますので、中古マンションとしての寿命が長く保たれます。

・この記事もどうぞ参考に…「中古で」でなく「中古が」いいマンション探し:日経ビジネスオンライン

そのうえで、子育て環境の善し悪しを再チェックしてみてください。

公園や緑地が徒歩圏にあり、角部屋(角住戸)の3階あたりがベストです。

1階住戸は結露で悩まされる可能性があります。

■青葉区は居住エリアとして人気の高い地区です。

近隣環境や緑地の有無などのチェックに問題なければ、物件内部を詳しく確認しましょう。

子育てには周辺環境や通学区の学校までの距離、あるいは治安の良さなどが問題になります。

環境チェックにはそれらを含めて何度か再確認しましょう。

あとは物件内部のチェックです。

築10年前後の物件を選べば、20年は問題なく住めます。