中古マンションを仙台市青葉区内で探しています。

3LDKの中古マンションは、ファミリー向けで人気が高く見つけやすい~。

それは横仙台の青葉区でも同様です。

選び方・購入の仕方についてお話ししましょう。

■青葉区でも人気が高い3LDKのマンション。

3LDKの中古マンションは、仙台市青葉区でも流動性の高い間取り物件なので、見つけるのにそれほどの苦労はしないと思います。

ただし需要が多く供給戸数も多いので、選択のポイントを誤ると、購入した後から泣きをみることになります。

立地は買主が街を見聞すれば住むことですが、中古マンションの建物の状態とマンション管理の状態は、一見しただけではわかりません。

購入の最大のポイントは、その「建物の状態」と「管理の状態」の2つにあります。

■どこを改修したのか、明確な物件を選ぶべき。

中古マンションの住戸については、どこをどのように改修したかが大事です。

築10年程度のマンションなら問題ありませんが、築20年を超えた物件については、リフォーム物件ではなくリノベーション物件の購入をおすすめします。

理由は、給排水設備と電気系統設備の改修にあります。

リノベーション物件であれば、改装箇所の明細が示されたリストが提示されるうえ、1年~3年の保証期間が付きます。

■青葉区でも、最近ではリノベーション物件に人気が集まっています。

建物の寿命が延びた物件であり、買主の自由度も高い物件であるからです。

青葉区で人気なのは、リノベーション物件の中でもスケルトン状態の物件です。

間取りが自由になるため買主のライフスタイルをそのまま投影でき、建物の安全性・長寿命化が担保されているからです。

そのような中古マンションを選べば後悔することはありません。

マンションではないけれど、こんなおしゃれなリノベーション憧れますよね!!>>http://news.livedoor.com/article/detail/14593501/